この状況で「オファー」が3つ届いたら、あなたならどうしますか?


「ライバルに勝ちたいGK」へ!グローブ

 

★前回ブログ⇒【「チャイナリスク」に真っ向から立ち向かう。「できる事、やるべき事」を全てやり尽くさなければ、それが本当に「諦めるべき」事なのかどうかすらも分からない】(☜)の「続き」です!!

 

※その前の「チャイナリスク編」の話は以下のリンク先になります!

①【「14年間、想い続けてきた夢」は、果たして叶うのか?】(☜)

②【ついに「14年間、思い続けてきた夢」が叶うチャンスがやってくる。しかし…】(☜)

★各方面に「衝撃」与えた話⇒③【「14年間、想い続けてきた夢」が叶うはずが…。驚愕の「チャイナリスク」の落とし穴の餌食に…】(☜)

 

 

サッカーで中国で働く

 

「14年間」諦めず一途に思い続けてきた「夢」(☜)がついに「叶う」瞬間がやってきて、「監督就任オファー」を受けた中国の辺境かつ「サッカー不毛の地」である普寧市に大きな期待と希望を胸に再上陸を果たす(☜)も、何とまさかの「行ってみたら、監督として働く事になるはずだった協会が『存在すらしていなかった』」という、ホンジュラスでさえ経験した事がない前代未聞の「とんでもな状況」「絶対絶命の窮地」に追い込まれてしまった僕…。

しかも、状況はさらに悪化し、政府の許可が下りず「協会立ち上げ」計画が「頓挫」し、完全消滅。

挙句の果てには、この一連の「協会立ち上げ頓挫」騒動の中で、僕を招聘した中国人関係者たちの仲間割れが勃発。計画が頓挫したのみならず、計画を実行していた中国人グループ自体が「解散」という「最悪の結末」を迎えてしまいました。

 

こうして、全てが「消滅」。

 

この普寧市のチャンスに人生を懸けていた自分は、同時期に届いた「もう1つの別のオファー」(☜)を断って普寧市に再上陸を果たしていたため、当然ながらこの「もう1つの別のオファー」もすでに消滅。

もはや後戻りはできない、けど、どうしようもない、正に「八方塞がり」状態。

 

完全に、驚愕の「チャイナリスク」の落とし穴の餌食となってしまう。

 

この一連の問題が起こったのが、普寧市に再上陸して1ヶ月以内。大きな「期待」と「希望」を胸に普寧市に再上陸してから、僅か1ヶ月以内で「奈落の底」に突き落とされる…。

 

それでも「諦める前に、できる事、やるべき事を、全てやり尽くす」という精神で行動を開始。

 

その結果…。

 

度重なる交渉の末に、どうにか「仲間割れ」して「解散」してしまった中国人グループの関係を修復し、「グループ再結成」する事に成功(☜)します!ヨシッ!

 

しかし、これはあくまでも「再出発のスタートライン」に立ったに過ぎません。

解決しなければならない「問題」は、まだまだ山ほどある…。

この後、出口の見えない「ブラックホール」へと吸い込まれていく事となるのです…。

 

≪まさかの「計画変更」!?話は予想外の方向へ…≫

政府の許可が下りず頓挫してしまった「普寧市の少年サッカー育成のための協会設立計画」(☜)。これは、もうどうやっても解決不可能でした。「協会設立」は、諦めるしかない。

そこで「他に別の方法、道はないか?」中国人グループたちと、またゼロから探る事となりました。

そして…

 

「協会がダメならサッカークラブを設立し、そこで少年サッカー育成のスクール活動をしていこう

 

という結論に至ります。

 

こうして今度は「協会設立」ではなく、「サッカークラブ設立」へと動いていく事となるのです。

 

当初は「協会設立」という話でのオファーだったのに、現地入りしてから、なぜか今は「サッカークラブ設立」に話が変わっている…。

よく考えたら全く訳が分からないムチャクチャな状況ですが、「ありえない!がある!」中国やホンジュラスで重要なのは「元々がムチャクチャなんだから、考えても結論は出ない。だから考えるな、感じろ。今、目の前にある状況に無心で対応し、行動しろ」です。

僕を招聘した普寧市の中国人関係者たちは、現地のサッカー好きが集まって結成した自分たちのアマチュアサッカーチーム「普寧FC」をすでにもっており、それをクラブとして正式登録(?)し、そのクラブの中で少年サッカー育成のスクールを立ち上げて活動していく計画が考案されました。

 

ところが…。

これが、難航を極める。

 

またも政府から「普寧FCの『FC』は英語(外国語)だから認めない」などとイチャモンが付き、許可を得られない…。

どうも政府や普寧市サッカー協会の中に我々の事を良く思わない連中がいるようで、事あるごとに妨害工作をされ、何をしようにも話が全く前に進まないのです。これには本当に参った…。

 

≪出口の見えない「ブラックホール」。途方もない道のり≫

中国は日本以上に「人脈社会」。単なる普寧市の青年実業家に過ぎない我々の中国人関係者たちには、政府や普寧市サッカー協会に有力な人脈はありません。

そこで、「サッカークラブ設立」云々の前に、まずは「人脈づくり」から始めなければならなくなりました。

政府や普寧市サッカー協会の要人との面会に僕も出席し、普寧市の文化である「お茶」を交わしながらの交流(☜)をしながら、挨拶回りをする日々…。

同時にスクール事業が無事に立ち上がった場合の練習場などの拠点探しにも奔走…。サッカー文化がない普寧市において良質なサッカー施設を備える場所はほとんどなく、少しでも「ある」という話を聞けばそこに行って、責任者と交渉、挨拶回り…。「自分たちの資金で施設を造る」という案まで出ます。

僕を招聘した中国人関係者に「一体、いつ、サッカークラブ設立が実現し、俺の監督としての仕事は始まるんだ?」と何度も問い詰めますが、その度に「来月には」「来週には」「3日以内には」「明日には」…と何度も言うのですが、来月になっても、来週になっても、3日経っても、明日になっても…何も状況は変わらない。その度にまた同じ事を言われて待つだけ待たされ、あげく、何も進展しない、何も実現しない、何も起こらない…。

待てど待てど…行動すれどすれど…全く何も動かない。変化なし。

こうして、一向に状況は好転しないまま、1ヶ月、2ヶ月…と、月日だけがどんどんと流れていきます…。

 

マジで、ヤバい。

 

ちなみに「政府や普寧市サッカー協会の許可が下りない」というのはあくまで僕を招聘した中国人関係者たちからの説明であり、本当にそうなのか?そもそも彼らはちゃんと行動しているのか?嘘じゃないのか?…それすらも一切、分からない、何も信じられない、「計画が進まない原因は一体、何なのか?てか、自分は一体、何と戦っているのか?」すらも分からない…「実体が見えない」敵と戦っているようなものであり、問題解決の見通しが全く立たない絶望的な状況が延々と続いていきます…。

 

正に、出口の見えない「ブラックホール」。途方もない道のり…。

 

「こんな事をして、本当に意味があるのか?これが報われる日はくるのか?」

 

どんどん「チャイナリスク」の泥沼へと引きずり込まれていき、不安とプレッシャーは、日に日に大きくなっていきました。

 

≪出口の見えない「ブラックホール」に、一筋の光明が差し込む≫

このように何も状況は進展せず、「サッカークラブ設立」は実現しないまま、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…と、ただただ時間だけが流れていきます。

 

しかし…。

出口の見えない「ブラックホール」に、一筋の光明が差し込む。

 

絶望的な状況の中で、僕のもとに突如、山東、深セン、広州…中国内の3つの異なる都市から、立て続けにコーチのオファーが3つも届いたのです。

 

一体、どこで僕の存在を知ったのか?いつ、誰から僕の話を聞き付けたのか?本当に驚きましたし、オファーを受けた自分自身が一番「不思議」でした。

 

正に、「人生、いつ、どこで、誰が見ているか分からない」。

 

改めて、

 

魂込めて活動していれば、必ずそれを『見て評価してくれている人』がいる

 

事を感じました。

そして、オファーをくれた全ての人たちに対する心からの「感謝」の気持ちが込み上げてきました。

 

こうして、ついに「出口の見えないブラックホール」から脱出する「絶好のチャンス」を得る事に成功した僕(しかも「3つ」も)。

 

果たして、僕が下した「決断」とは…?

 

★「続き」は下のリンク先!

down      ↓      サゲサゲ↓      down      ↓

ついに「14年間、想い続けてきた夢」が叶う!「夢は絶対に叶う」はウソ。けど、想い続けなければ夢は叶わない】(☜)

 

※「note」でも「ブログでは決して書けない」より突っ込んだGK情報を配信中です!noteはこちら!⇒ https://note.mu/yoji_yamano

dscf3052

★「GK上達ノウハウ」は、こちらから!「海外ノウハウ」も!★

down      ↓      サゲサゲ↓      down      ↓

「ライバルに勝ちたい」GKへ!グローブ

//platform.twitter.com/widgets.js

 

GKも海外も」全てまとめて!

//platform.twitter.com/widgets.js

 

海外で成功したい」人へ!

//platform.twitter.com/widgets.js

 

①≪GKの【判断力】を身に付ける方法

②≪「海外挑戦すべきか、しないべきか?」 正しい【決断】を下せる「3つ」の方法〈前編〉

③≪【言う事を聞かないGKを、一発で黙らせる】方法

④≪「海外挑戦すべきか?」正しい【決断】を下せる「3つ」の方法〈後編〉 お金、治安、語学…目標はあるけど【決断】できない人へ

⑤≪「ハイボールが苦手」なGKが「ハイボールが武器」になる練習法

⑥≪背が低いGKがやるべき事は本当に「牛乳を飲む」事なのか?身長など先天的な問題を抱えるGKが「やるべき事」

⑦≪海外挑戦するなら言葉は勉強してはならない。外国語を覚える6つのコツ

⑧≪「キックが上手い」GKより「キックが下手」なGKの方が良かったワケ

⑨【広島県の高校生GKの課題「7つ」 ≪GK分析レポート2015≫

★New!⑩≪GKのコーチングは、何を、どう、伝えれば良いのか?GKのコーチングを、味方によく聞いてもらえる「コツ」とは?

 

連絡先メールアドレス

cafehondurasyoji@hotmail.co.jp

 

ワシが書いた電子書籍!やじるしGKノウハウ&海外ノウハウ

「GK情報」盛りだくさんのメルマガ!やじるし山野陽嗣の「GKマガ」

facebookフェイスブック(誰でも閲覧可能!)やじるしYoji Yamano╱山野陽嗣

ツイッターツイッターやじるし@yoji_yamano

メラメラブログその2やじるし元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣の「世界一危険な国での挑戦」

オフィシャルブログ やじるし山野陽嗣オフィシャルブログ

YouTube(白背景)Youtubeやじるし山野陽嗣オフィシャルYoutubeチャンネル

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中