「夢」が次々に叶う!!


 マラトン。正式名称「Club Deportivo Marathon(クラブ・デポルティボ・マラトン)」。ホンジュラス国内では、最強チーム「Olimpia(オリンピア)」に並ぶ強豪チーム。昨年は準優勝(優勝はオリンピア)ながらも、その前の年は優勝。毎年つねにオリンピアとマラトンが覇権争いをしている。正にホンジュラス2強の一角。
 本拠地「サン・ペドロ・スーラ」は、日本で言うところの「大阪」。オリンピアの本拠地は首都の「テグシガルパ」、日本で言うところの「東京」。つまり、日本のプロ野球で例えるなら、オリンピアは「巨人」、マラトンは「阪神」といった存在。
 ホンジュラス代表に、毎回、最多の選手を送り込む両チーム。先日、日本で行われた「キリンチャレンジカップ」にも、マラトンは4選手を代表に送り込んだ。来月、行われるエジプト代表との親善試合には、また別の4選手が代表に選出されている。元代表、U-21、20、19、17代表なども含めると、チームの8割以上の選手が代表経験者という、正にホンジュラスを代表するビッグクラブ。しかも僕と同じGKのポジションには、現役ホンジュラスNo.1GKと、No.3GK、さらにパナマ代表GKと、現役U-21ホンジュラス代表GKが居る…。
 こんな物凄いチームに、「プロ」経験の全く無い僕が、いきなり練習参加に行く事になってしまったのです!!どうなる事やら…。けど、不安より楽しみな気持ちの方が大きかったです。

 例の人物の車に乗せられ、到着した練習場は、巨大なスタジアム…。何じゃここは!?「エスタディオ・オリンピコ」という、約5万人収容の、「中米最高峰」スタジアム…。ホンジュラス代表のW杯予選なども行われる、ホンジュラスサッカー界の聖地とも言える場所…。僕はここに足を踏み入れた瞬間、鳥肌が立ちました。こんな所でサッカーする機会なんて、今まで1度も無かった。これも「夢」の1つだった…。「夢」が叶いました。

※写真は『エスタディオ・オリンピコ』での練習風景と、夜の『エスタディオ・オリンピコ』。

 

 スタジアムでマラトン監督、コーチ、選手と初対面。マラトンの監督とコーチは、コロンビア人で、以前は、コロンビア最強チームの1つ「ナシオナル・メデジン」というチームで働いていました。あの伝説的GKイギ-タも過去在籍しており、15年前は南米チャンピオンとして「トヨタカップ」で来日している、あの世界的ビッグクラブ…。おいおい、一体どーなるの本当!?けど監督は優しく「よろしく。」と言った後、チームメイト達にも「新しい仲間が来たから、みんな挨拶しなさい。」と促しました。マラトン選手達と笑顔で交わす握手と自己紹介…。んー、何だかエエ感じだぞ!!

 

 ※写真は、監督ハイロ・リオス(左)&コーチのオラシオ(右)。

 
 この日はフィジカルトレーニングのみ。エスタディオ・オリンピコの陸上トラックを、走りまくる。ランニングシューズを持ってなかった僕に、ある選手が「これを使え。」とランニングシューズを貸してくれました。アップの時も、いろいろみんなから話かけられる…。エエじゃん、エエ感じじゃん!!
 走りはキツかったです。GKとは言え、ドベから2番目になってしまいました(笑)。監督からは練習後、「明日はサッカーの練習をして、プレーを見るから。」と伝えられました。
 翌日。今日はオリンピコではなく、マラトンのクラブハウスの練習場でトレーニングが行われました。そこでいきなり控え組み中心メンバーの試合に出場する事になりました。
 この時の僕は、ほとんどスペイン語を話せず(ホンジュラスはスペイン語が母国語)、試合前に臨時で「戻れ」「行け」「右」「左」「真ん中」と数字だけはスペイン語で言えるように勉強(?)しときました。
 これが凄く役立ちました。選手との連携でゴールを守る僕には「指示の声」が生命線です。…そしてこの試合、今までの鬱憤が大爆発しました!!次から次に訪れるピンチで、好セーブを連発!!コンディションは決して万全ではありませんでしたが、この時できる全ての力を出し切りました。
 そして試合後、監督との緊張の対談…。
 …そこで監督から「今晩、行われる(トップチーム)の公式戦を見に来なさい。我々に帯同しなさい。」と告げられました。
 ん!?プロの場合、必要なければその場で「さよなら」です。「帯同しなさい。」って事は可能性が有るのか!?よく分からないけど、帯同する事にしました。
 クラブハウスからマラトン専用のバスに選手と共に乗って、スタジアム入り。選手のロッカールームにまで帯同して、その雰囲気を生で体感しました。そう言や、こういうのって俺の「夢」の1つだったよな~…。また1つ「夢」が叶いました!!

※写真はマラトンのバスと、その中。遠征先での食事。

 

 

 試合後、帰宅のバスの中です。監督は明日の予定をみんなの前で話し始めました。けど僕は、スペイン語だからほとんど理解できない。…するとコーチが僕に近付いて来て、こう告げました。
 「Yoji。明日の練習は朝8時から。それに参加しなさい。」
 おお!「さよなら」を言われなかったー!僕は今までの人生の中で何度となく「さよなら(不採用)」を告げられてきた身なので、正直、何を告げられるのかドキドキでした。しかし、今日の時点では何とか生き残りました!!
 …こうして、次の日の練習後も、またその次の日の練習参加を告げられ、2日、3日、4日とマラトンで練習を重ねていく事となりました。毎日がアピールです。プロだから、いらなくなれば「さよなら」を告げられます。だから、毎日の練習後に次の日の練習参加を告げられるたびに「良かった~…。」と胸をなでおろす日々でした。
 この時、僕は、マラトンでサッカーできる事に対して最高の幸せを感じていました。正に「夢」の中に居るよう…。こんなレベル(技術のみならず、人間的なレベルも)の高い集団の中で、毎日、サッカーする事ができる…。隣で一緒に練習しているGKは、国の代表選手。日本代表GKの川口選手や楢崎選手と同等の技術を持った選手達と、一緒に汗を流している…。これは…。昔からの「夢」の1つでした。…またまた「夢」が叶った!!一体どれだけ「夢」が叶うのか!?

※写真はマラトン主将、ルイス・ギファロ選手。

※ホンジュラスNo.1GKビクトル・コエヨ選手。

 ある日の練習後です。いきなりたくさんの報道陣に囲まれました!!「何や、何や!!?」意味が分からないまま、スペイン語でどんどんインタビューされます。「スペイン語は話せない!」と言う事しかできません(笑)。しかも、こんな報道陣に囲まれるなんて、人生初の経験…。けど、こういうのも「夢」の1つだったしな……、ん?またまた「夢」が叶ってるじゃん!!!
 翌日。練習後、サン・ペドロ・スーラの街を歩いていました。気のせいか、周囲の人達の様子がおかしい…。そして新聞売りの兄ちゃんが突然、話しかけてきました。「マラトンのGK、Yoji!!」……はぁ!?何で知ってるの??するとその兄ちゃんは新聞を僕に見せ、こう言いました。
 「これ見ろ!お前新聞に出てるぞ!!」
 え!?…って、本当に出てるし!!しかも全国紙3紙の表紙に写真付きで出てるし!!一体、何がどうなってるの!!?その時は全く実感が無かったけど、嬉しい事には変わりありませんでした。…だって、新聞に出たりするのも、「夢」の1つだったから……あ、また「夢」が叶った!!!
 次の日の練習後も報道人に囲まれました。昨日「スペイン語は話せない。」と言った事で、この日は英語が話せる報道陣も帯同してきてました。…その次の日も報道陣に囲まれ、しかも新聞やTVを見て集まった野次馬達にも囲まれ、まるで僕は「動物園のパンダ」のような状況に陥りました(笑)。
 新聞やTVに出た事で、何だか少し有名になってしまいました。街を歩いたり、練習試合で他の地域に行った時も、全然知らない人に声をかけられ、囲まれ、写真を撮られ、サインを求められ…。
 けど僕はそれを「うざい」とは感じませんでした。誰からも注目されない苦悩のサッカー人生を送ってきた僕にとって、これはもの凄くありがたい事だし、「夢」の1つだったし、本当に嬉しくて、最高の幸せを感じていました。そして、マラトンでは選手や監督、コーチから本当に本当に良くしてもらい、今、ここ(マラトン)に居る「幸せ」を、心の底から感じる日々でした…。

 アメリカ時代のルームメイトの家を出てから、ほんの数日間で、まさかこんな状況になろうとは…。次から次に「夢」が叶う。それは何もサッカーに限った事ではありません。友人にグアテマラに連れて行ってもらった時は、ホンジュラスとの国境を、歩いて越えました。これは…。昔、「あいのり」ってTV番組を見てて、歩いて国境を越えるシーンなどがあり「こういう経験してみたいのー。」と思っていたら、それも実現してしまいました!!しかも「あいのり」で中米などに行くシーンを見て「俺も行ってみたいのー。」って思ってたら、今、中米に住んでるし!!

 

※ホンジュラスとグアテマラの国境。

 

 苦しかったアメリカ時代もそうです。ニューヨークの「タイムズ・スクウェアー」で年を越したのも「夢」の1つだったし、キャンピングカーでアメリカ縦断したのも「夢」の1つだった…。「イングランド行き」も「夢」の1つだったし…。
 頭の中で思い描いてた「夢」が、全部叶っている…。よく考えたら、今まで叶わなかった「夢」って無かったの~…。何て幸せな人生なんじゃ!!それを実現させてくれた親、友人、知人、その他、僕をここまで支えてくれた全ての人に対して、改めて感謝の気持ちが湧いてきました。僕は「最高の幸せ者」です!!
 これからどうなるか、それは誰にも分かりません。叶わない「夢」も当然、出てくることでしょう。
 しかし、希望を持って、笑顔で生きていれば、絶対に悪いようにはならない…。今回、マラトンに合流して、その事を改めて実感しました。
 「これからどうなるのか?」…これは僕にとって、不安要素ではありません。それを考えるとワクワクしてきます!!人生最高!!
 つづく

                                               Yoji

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中