「先輩・後輩関係」が、日本のスポーツをダメにしている。


 

★New!広島県の高校生GKの課題「7つ」 ≪GK分析レポート2015≫】(☜クリック!)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

※「GK」情報、満載のメルマガ配信中!登録(無料)はこちらから!⇒山野陽嗣の「GKマガ」(☜クリック!)

※色の「濃い」文字には「リンク」が貼ってあります。クリック!

 

 

先日。日本文化に精通する欧米人のスポーツ関係者などと会談する機会がありました。そこで彼らに言われた事が非常に興味深い内容だったので、今日はその事をお話したいと思います。

日本の方が欧米よりも強いスポーツもあるけど、サッカーなど、基本、大半のスポーツでやはり日本は欧米よりも劣ります。

 

では、なぜ、日本のスポーツは欧米に勝てないのか?

 

フィジカル的な差があるから?戦術が遅れているから?いろいろ要因はあると思います。

そんな中、僕が会談した欧米人のスポーツ関係者たちが皆、一様に口を揃えて言ったのが、これでした。

 

「『先輩・後輩関係』が、日本のスポーツをダメにしている」

 

彼ら曰く「日本はスポーツの環境も整っているし、競技者人口も人口自体も欧州より多いし、才能溢れる選手もたくさんいる。しかし、この『先輩・後輩関係』のせいで多くの才能が潰れている。例えば実力があっても『1年生だから』という理由だけで『後輩』は『先輩』からボール拾いやゴミ捨てなどの雑用を強要されたり、中には悪質ないじめを受ける事もある。年齢などの上下関係は、選手の育成・強化の邪魔でしかない。そこは『実力主義』で平等にすべき」…との事でした。

実際に日本でも選手としてプレーした経験がある欧州人のスポーツ関係者は「『先輩・後輩関係』など競技と全く無関係な問題の方が大変で頭を悩まされ、肝心の競技に辿り着かない印象だった。競技をしに日本に来ているのか、人間関係をしに日本に来ているのか、分からなくなった」と言っていました。肝心の競技をする前に、すでに「先輩・後輩関係」などで頭を悩まされ、心身が疲弊している…だから本来、最も重要で力を発揮せねばならない競技で力を発揮できない…という本末転倒な状況に陥っているのだと。確かにそれは一理あるなと、思いました。

日本では、そのような理不尽な「先輩・後輩関係」も、「それを乗り越えてこそ、成功が掴める」という「美学」みたいなものが多くの日本人の中にありますが、欧米人からすると「先輩・後輩関係」などは育成・強化の妨げにしかなっていない、育成・強化にとって非効率的かつ邪魔物でしかない…という考えのようです。

もちろん、僕が会談した欧米人のスポーツ関係者たちも、日本文化自体には敬意をもっており、「全ての日本社会で『先輩・後輩関係』をなくせとは思わない。ただ、ことスポーツにおいては必要ない」との事でした。

それでも中には「いや、スポーツ以外の世界でも…例えば会社の中でも、日本は理不尽な『先輩・後輩関係』が業務の足かせとなっている事が多々ある。例えば『先輩』の考えが仮に明らかに間違っていても、『後輩』は彼に対して何も反論できない。だから『先輩』が間違った方向に舵をとった時、例え周りの『後輩』はそれが100%間違っていると分かっていても『先輩』を制止する事はできず、会社全体が被害をこうむる事となる。事前に『先輩』の間違いが分かっていても、『後輩』はそれを止める術がない。これは明らかに間違っている」という意見もありました。

 

そして、「そもそも、この『先輩・後輩関係』というのは、一体、いつ、どこで始まったんだ?」とも聞かれました。

確かに、こういった年齢による上下関係って、僕が知る限りでは、世界で日本と韓国(朝鮮半島)しかないんですよね。中国はないですからね。だから中国人とは、どれだけ年齢が離れていてもすぐに対等目線で「朋友(ポンヨー。友達)」になれますからね。中国では年齢で気を遣う必要がないから誰とでもすぐに仲良くなれるし、本音の話もできます。日本だと、年齢が違ったら、そうはいかないですからね。※こちらも参照下さい!⇒【広州恒大の強さの要因は資金力だけではない】(☜クリック!)

韓国で年齢の上下関係が厳しいのは「儒教」の影響と聞いた事がありますが、日本ではなぜなのか…それは分かりません。

中国は年齢の上下関係はないけど、サッカーなど広州恒大は強いのに中国代表はなかなか強くなりませんよね。それは年齢の上下関係以外に「中国は北京、上海、大連、広州などの派閥がまとまらないため、代表の集団競技は強くならない」という問題が別にあるようです。確かに中国代表は「個人競技」では五輪でも強くメダルを獲りまくっていますが、「集団競技」は今一パッとしない。それぞれの国に、それぞれの問題があるんですね。

 

元韓国代表監督のヒディングも、初めて韓国代表の合宿をした際、食堂で『先輩』選手が「食べてよし」と言うまで『後輩』選手が食べずに我慢して黙って待っている光景を目の当たりにした時「これでは勝てない」と思ったらしく、チーム内でのそういう「先輩・後輩関係」の撤廃に務め、それが成功に繋がった…って、何かで読んだ事があります。

 

日本も欧米でプレーするサッカー選手やアスリートが増えていますし、近い将来、理不尽な「先輩・後輩関係」などの問題が改善される事を願っています(僕自身は「先輩・後輩関係」が全て間違っているとは考えていません。年上に敬意をもつ事は大切です。ただ、「度が過ぎた」「理不尽な」先輩・後輩関係は改善されるべきです)。

もちろん、日本にも素晴らしい文化はたくさんあるので、全てを変える必要はなく、あくまでも欧米の「良い部分」だけを学んで取り入れて欲しいです。ちなみにハロウィンなどは特に日本に取り入れる必要はないと個人的には考えています。

 

 

【告知!!】 12月、1月に一緒に「GK練習」したいGK、募集!!

 

オフにGK練習したいけど練習相手がいないので、ぜひ一緒にGK練習をして欲しい!

無所属になってしまって練習相手がいないし練習環境もないので、ぜひ一緒にGK練習をして欲しい!

卒業後もGKを続けたいけど、すでに学校では引退して練習できないので、ぜひ一緒にGK練習をして欲しい!

 

こういう希望をおもちの方は、以下のメールアドレスまで「名前」「年齢」「電話番号」「所属チーム学校。無所属の場合は「無所属」で)」を明記の上、「最低でも10日前にご連絡下さい。12月、1月は予定がつまっていますので、連絡が遅れますと残念ながらできなくなってしまいます費用など詳細はメールにてお伝えします。また、質問などがございましたら、いつでもお気軽に以下のメールアドレスまでご連絡下さい!魂あるGKからのご連絡、心からお待ちしています!この冬に一気にレベルアップして夢を実現しましょう!

 

down      ↓      サゲサゲ↓      down      ↓      サゲサゲ↓      down

 

cafehondurasyoji@hotmail.co.jp

 

 

※動画の詳細は!⇒【際どいコースのシュートを止める方法】(☜クリック!)

 

 

※動画の詳細は!⇒【「GKに蹴るべきボール」とは?】(☜クリック!)

 

 

※動画の詳細は!⇒【サカイク ゴールキーパーのスローイング練習】(☜クリック!)

 

 

★「GK上達ノウハウ」は、こちらから!「海外ノウハウ」も!★

 

down      ↓      サゲサゲ↓      down      ↓      サゲサゲ↓      down

 

グローブ「ライバルに勝ちたい」GKへ!

☞ ≪【GKノウハウお得4点セット】「判断力」+「言う事を聞かないGK」+「ハイボール」+「背が低いGK」

 

「海外で成功したい」人へ!

☞ ≪【海外ノウハウお得3点セット】「海外挑戦すべきか正しい【決断】を下せる方法〈前編+後編〉」+「外国語を覚える6つのコツ」

 

「GKも海外も」全てまとめて!

☞ ≪★★【GKノウハウ4点セット】+【海外ノウハウ3点セット】=≪超お得な全7点セット≫!★★

 

 

①≪GKの【判断力】を身に付ける方法

②≪「海外挑戦すべきか、しないべきか?」 正しい【決断】を下せる「3つ」の方法〈前編〉

③≪【言う事を聞かないGKを、一発で黙らせる】方法

④≪「海外挑戦すべきか?」正しい【決断】を下せる「3つ」の方法〈後編〉 お金、治安、語学…目標はあるけど【決断】できない人へ

⑤≪「ハイボールが苦手」なGKが「ハイボールが武器」になる練習法

⑥≪背が低いGKがやるべき事は本当に「牛乳を飲む」事なのか?身長など先天的な問題を抱えるGKが「やるべき事」

⑦≪海外挑戦するなら言葉は勉強してはならない。外国語を覚える6つのコツ

★New!⑧≪「キックが上手い」GKより「キックが下手」なGKの方が良かったワケ

★New!⑨【広島県の高校生GKの課題「7つ」 ≪GK分析レポート2015≫

 

 

非常に残念な事に日本ではまだまだ「GKコーチ」が不足していて正しいGK指導が普及しておらず、このような「問題点」を抱えながら、それを指摘してくれるGKコーチがいないがために自分が抱える問題点に気付かず、何が問題なのかも分からないままただ漠然と練習して、一生懸命やっているにも関わらず徒労に終わって全く伸びない…というGKが、全国に山ほどいる。

 

これほど、もったいない事はありません。

 

自分の経験上、多くのGKが「ちょっとした気付き」を与えるだけで、まるで別人のように成長し、第3GKから正GKに、アマチュアからプロに…と、自分の人生を変える事ができる。※実際の事例は以下のリンク先☟

 

なぜ「55試合連続フル出場」中で「2季連続リーグ最少失点」のGKを勝ったのに代えるのか?】(☜クリック!)

 

「カメ」が「ウサギ」を抜く時】(☜クリック!)

 

だからこそ僕は、この「GKアドバイザー」業務を行っている。全国のGKから送られてくるプレーや失点の動画を分析し、何が「持ち味」で何が「問題点」かを伝えてさらなる成長を促し、プロに行きたいGKはプロに、今の所属チームでレギュラーになりたいサブGKはレギュラーに…自分の人生を変えて欲しい。その手助けをしたいからこそ、僕はこの「GKアドバイザー」業務を行っているのです。それが、ひいては「日本のGKのワールドクラスへのレベルアップに繋がる」と信じているから…。

 

このブログのように写真を用いてプレーを分析して欲しい全国のGKの皆様。GK分析業務を行っていますので必要事項「氏名」「住所」「年齢生年月日)」「連絡先電話番号」「所属チーム」(無所属の場合「無所属」で)を明記の上、以下のメールアドレスまでご連絡下さい!「本気で成長したい魂あるGK」なら、誰でも大歓迎です!(詳細はメールにてお伝えします)

 

cafehondurasyoji@hotmail.co.jp

 

 

ワシが書いた電子書籍!やじるしGKノウハウ&海外ノウハウ

「GK情報」盛りだくさんのメルマガ!やじるし山野陽嗣の「GKマガ」

facebookフェイスブック(誰でも閲覧可能!)やじるしYoji Yamano╱山野陽嗣

ツイッターツイッターやじるし@yoji_yamano

メラメラブログその1やじるしGK分析&採点!元U-20ホンジュラス代表GKコーチ山野陽嗣のGKアドバイザー業務

コーチユナイテッド やじるしGKセミナー動画&対談記事

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中