サッカー人生最高の日々スタート!「Marathon(マラトン)」合流!!


 
 
 「2005年7月」後半。…と言うわけで、友達の家を出て、危険区域のド真ん中での一人暮らしが始まりました(笑)。僕にパワーを与えてくれる場所がどんな所か、下の写真を見てみて下さい。僕が住んでいるホテルの周りの写真です。凄いパワーです!僕が着いた瞬間「これだ!」と思った場所です。
 
 

 

 
 
 
 一人暮らしが始まったその日から、僕はプロを目指した活動を開始しました。もう、人に任せて待ってるだけなんて、こりごり…。「人はあてにならない!自分で行動する!」と決心しました。
 
 
 …まず始めに、ホテルのロビーで偶然ホテルのオーナーに合ったので「プロになりたい。プロに誰か知り合いはいないか?」と尋ねました。彼女は「サッカー界で顔の広い人物を知っている。彼に電話してみる。」と言いました。
 
 んー、あんまあてにならんのー(笑)。この手の話しで、結局何も無かった…って事を、もう嫌というほど経験していた僕。よしっ、次!
 
 
 
 …翌日。ホンジュラス国内で、4本の指に入る強豪クラブ「レアル・エスパーニャ」に直談判に行く事に決めました。実はこの「レアル・エスパーニャ」は、当初、僕がテストを受ける事になっていたはずだったチームなのです。アメリカ時代のルームメイトの父が、このレアル・エスパーニャに知り合いがいて、僕がテストを受けれる事になっていたはずなんだけど、その後、その父からは何も音沙汰が無くなって、どうなってるのかさっぱり分からなくなっていた…。じゃー僕がそこに行って、直談判してやろう!…と。
 
 
※写真はホテルのロビー。

 
 
 
 午前。レアル・エスパーニャのクラブハウスに到着しました。早速、関係者を呼び「テストを受けさせてくれ。」と頼みました。するとコーチが出て来て「分かった。今日の午後2時からの練習に参加してくれ。そこで君のプレーを見よう。」と言われました。
 
 
 きたきたきたー!!「3度目の渡米」で「2005年1月」に日本を離れてから約半年間、ずーーっと追い求めてきたチャンス!!ホンジュラスに上陸してから1ヶ月間、ほとんどサッカーの練習ができなかったので(フィジカルトレーニングのみしかできなかった)、不安も有りましたが、やっとの事で掴んだチャンスなので、本当に嬉しかった…。ウキウキで、とりあえずホテルに帰りました。
 
 
 
 ホテルに帰ると、またまた偶然、ホテルのオーナーに出くわしました(オーナーがロビーに居る事は、1ヶ月に3回くらいしかない。全くいない事もある)。そこでオーナーに「昨日Yojiに話した、例の人物…。彼に電話してYojiの事、話しておいたよ。時間が有る時に彼の所に行って話してみたら?」と言われました…。
 
 んん!?あんまり期待してなかったんじゃけど…。しかし「プロに練習参加に行くなら、自分1人だけで行くより、サッカー界で顔が広い人と一緒に行った方が、いろんな面で便利だろう。」と思い、すぐその人に会いに行く事にしました。
 
 
 …その人が居るレストランに到着しました。そしてその人と会い「プロになりたい。」「今日の午後、レアル・エスパーニャに練習参加に行くから、付いて来てくれないか?」と相談しました。
 
 
 すると彼と、帯同していた友人は「エスパーニャ!?だめだめ、あのチームは!Marathon(マラトン)の方が良い!」と言い始めました。
 
 
 マラトンって…。僕はホンジュラスに来てからずっと新聞を読んでいたので「マラトン」の事は知っていました。「Marathon」って書いて、てっきり「マラソン」だと思っていたら、実は「マラトン」だったあのチーム(笑)。マラトンは去年の準優勝チームで、国内では1、2を争う強豪。現役ホンジュラス代表のNo.1GKも在籍している…。いくら何でも無理じゃろう…。って考えてる間に、その人、マラトンに電話し始めてるし!!
 
 
 「Yoji。今、マラトンの関係者と話した。今日の午後3時に練習参加に来てくれとの事だ。行くぞ!」…って、ちょっと待ってよ!!今日の「午後2時」にレアル・エスパーニャの練習参加に行く事になっとるんじゃー!!それをその人に伝えました。
 
 
 すると彼は、今度はエスパーニャに電話し始めて「Yoji。エスパーニャの選手リストはいっぱいだそうだ。行っても意味がない。マラトンに行け!」…と言いました。ほんまかいな!!?けど僕はエスパーニャのコーチに「午後2時に行く。」って約束しているし…。しかし、この人「そんな約束どうでも良い。今からマラトンに行くぞ!」としきりに言ってきます…。さらには「今日でないと駄目だ。」との事…。どーすりゃエエの!!?
 
 
 エスパーニャに一緒に行ってもらうつもりでここに来たのに、マラトンに行けと言われる…。エスパーニャのコーチとの約束は??んー…。考える余地は与えられていません。即決を求められている…。よしっ!!決めた!!
 
 
 
 「マラトンに行きます!!」
 
 
 
 彼にそう伝えました。「よし分かった。じゃ、早速、今からマラトンの練習場に行くぞ!!」
 
 
 
 …こうして、全く何がどうなってるのか、さっぱりわけが分からないまま、マラトンに行く事になってしまいました…。「午後2時に行く」と約束していたエスパーニャのコーチには悪い気がしつつも「こういう時は、流れに身を任せるのも大事じゃ!それに、どうせ行くなら、知り合いのつてが有る方(マラトン)に行った方が、いろんな面で便利じゃろう。」と思い、開き直ってマラトンに行きました。
 
 
 後で知ったのは、その人、単にマラトンが好きだったみたいです。…で、マラトンと同じ「サン・ペドロ・スーラ」に本拠地を置くエスパーニャは、言ってみればマラトンのライバルチーム。だから、あんなにエスパーニャの事を批判してたのか…。けど、ただ好き嫌いだけでマラトンに連れて行くなんて(笑)!ま、何でも良いんです!チャンスがくるなら!
 
 
 そんなこんなで、エスパーニャに行くはずが、気が付いたらマラトンに行く事になってしまいました。
 
 
 
 …けど、これは序章に過ぎませんでした。この後さらに、全く予想外の展開が待っていようとは、この時の僕はまだ知る由も有りませんでした…。
 
 
 
※写真は、数々の栄光のトロフィーが飾ってある、マラトンのオフィス。

 
 
 
 
 つづく!!!
 
 
                           ストランク・Yoji

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中